川辺にある静かな村で作られる幻の籐籠

2011年08月17日
P1030674_サイズ変更.JPG


P1030675_サイズ変更.JPG


P1030683_サイズ変更.JPG


P1030632_サイズ変更.JPG


籠を探して500キロ。
11時間を要してようやく探しだした“幻の籐籠”。

川辺にある静かで自然の美しい村にその籐籠はありました。
気品に満ちた美しい弧を描く持ち手がとても魅力的な籐籠です。


桐島かれんさんのその独特の審美眼でセレクトされたオリエンタルな雑貨が人気だったお店「ハウスオブロータス」でも取り扱いのあったフルーツバスケットと同種の品物です。

同じ雑貨屋としても憧れるハウスオブロータスで取り扱っていた籠を探してきました。

タイを代表する某有名大学付属の博物館にて、タイ中部を代表する籠作品として所蔵されている作品と同種の籠でもあります。

今回は、ムラカのコネクションを活かして、この籐籠を生産している村から直接仕入れることが出来ました。
是非、この機会にお買い求めいただけると幸いです。


P1030896_サイズ変更.JPG
川辺の村の籐籠 フルーツバスケットS/レッド

P1040392_サイズ変更.JPG
川辺の村の籐籠 フルーツバスケットS/ブラック

P1040412_サイズ変更.JPG
川辺の村の籐籠 フルーツバスケットS/ブラウン




文化出版局発行 アジアの道具―籠・箱・器


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。